不正検出






fraud-detection-and-intervention

不正検出

銀行、証券会社、オンライン取引企業にとり、不正検出は必須です。不正を見落とすことと、正しい取引を不正なものと見なすことの両方において、ビジネスの観点からは大きな影響がでます。不正検出を行えないということは、単に収益に影響が出るばかりではなく、ブランド・イメージの低下ももたらします。

不正検出アプリケーションは、約750ミリ秒以内に、ユーザのプロファイルを確認し、その取引と膨大な不正パターンと照合し、最終的に、その取引が正しいものなのか否かを判断しなければなりません。その取引が不正なものなのか?合法的なものなのか?一つの取引が、データベースに対して、非常に多くの連続した検索を行う必要があります。データベースのレイテンシが重要であることは異論を待ちません。レイテンシが低ければ低い程、各取引において、多くの検査を行うことが可能となります。難しいのは、データ量が膨大であるだけではなく、データそのものが常に変化することです。そのカードは盗難されたものか?金額は制限を超えていないか?通常とは異なるトランザクションではないか?その取引はオンラインか店舗で行われたものか?端末は過去に使われているか?等々。

不正検出の特性:

  • 常に変化する膨大なデータに対し、リアルタイムでの判断が必要となること
  • 一つのトランザクションが、無数のデータ検索を引き起こすこと
  • 24時間の可用性が要求されること
  • 判断基準を提供してくれる、連携したシステムが存在すること
Aerospikeは、不正検出に最適です:

  • 高負荷下でも、一貫性の高い(バラツキの少ない)パフォーマンスを提供できること
  • 比類無き高可用性(99.999%)を提供できること
  • 増大する負荷に対して、低レイテンシのまま、リニアなスケーラビリティを提供できること
  • 顕著なTCO削減効果