real-time billing

リアルタイム課金

通信業者で良く使われているリアルタイム課金システムは、顧客の変化するデータに対して、柔軟かつ個別のサービスを提供しています

通話記録(Call Detail Record: CDR)システムは、長い間、使われてきました。しかし、それは、単なる課金のためだけではなく、消費者のデジタル・ライフのすべての面に関わるように変貌してきました;例えば、家族や友人との関わり、ストリーミング・ビデオの視聴、スマートフォンのアプリの使用。モバイル通信業者は、そのようなデータの使用形態による課金に移行してきているのに伴い、旧来の通話記録システムは、サービスによるルーティングやスマート・ルーティングに変わっていく必要が出てきています。ユーザが使った分数に固定の使用料をかけて合計を出すという方法では不十分になってきたためです。今日、通信業者は、家族間通話や海外電話等の利用形態、月額平均使用量等のデータを組み合わせて、数多くの課金プランを提供しています。また、同時に、個々のユーザの使用形態をモニタし、プラン超過に関する通知を行い、追加サービスの購入を促す必要があります。

今日の先進的なリアルタイム課金システムは、膨大なデータを収集し、ルール・エンジンを利用して、顧客の変化するプロファイルを検索し、事前に顧客との関わりを持つようになってきました。これにより、顧客満足度の向上、継続使用率の向上、ひいては、顧客とのよりよい関係構築に役立っています。

リアルタイム課金に要求されるデータベースのビジネス要件:

Aerospikeは、リアルタイム課金に最適:

 
 
X