Internet of Things

IoT (Internet of Things)

IoT(Internet of Things)は、物理的なデバイスがネットワークに接続され、そこに搭載されているセンサやアクチュエータ等からのデータを収集、通信します。

IoT環境では、組織のITシステムは、無数のデバイス、センサ、アプライアンス、アプリケーションから、毎日数百万件のデータを収集し、対応しなければなりません。データとしては、設置場所、温度、指紋、状態、振動、流量、PH、位置、さらに顔認識等も含まれるでしょう。それらは相互に接続され、より詳細なモニタリング、制御、フィードバックを提供することになります。そのようなデータを収集するシステムに要求されるレイテンシは、非常に低く(数ミリ秒)なければならず、即時にIoTアプリケーションに提供されなければなりません。しかしながら、これまでのシステムやデータベースでは、IoTに必要なレイテンシ、稼働率、パフォーマンスを提供することは困難です。通常、そのようなシステムは、ピーク時と非ピーク時の各々に必要とされる負荷を、通常、「秒」の単位で設定します。また、IoTシステムに必要な無停止運用はさらに困難で、これまでのITシステムは、保守のための定期的なダウンタイムが避けられません。

IoTは、ある産業に革命的な変革を導き、デバイスが接続されることにより、先進的なビジネスモデルをもたらし、そのような企業の経営効率を著しく改善する可能性があります。しかしながら、そのためには、既存のアーキテクチャや運用方法に固執していては、成功はあり得ません。

IoTに必要とされるデータベースのビジネス要件:
Aerospikeは、IoTに最適:
X